総合的な学習の時間などなど


 こんにちは、ストロング宮迫です。

 もう多くの方が見たと思いますが、英国の名門2大学の今年の
 入試問題が話題になっているそうです。

 2008.12.09 CNN「小説と詩、どちらになりたい?」
------------------------------------------------------------
 英国オックスフォード(CNN) 英国の名門2大学、オックス
 フォード大学とケンブリッジ大学の今年の入試問題が話題を集め
 ている。

 オックスフォード大は「小説と詩のどちらが好みか」

 ケンブリッジ大は「あなたが仮にカササギなら何をするか」

 と、受験対策的な知識ではなく受験生自身の考える力を見極める
 質問だ。

 オックスフォード大の入試担当者は、今回の入試問題について
 「受験生に安全地帯から出てもらうのが狙い。われわれは受験生
  に大量の知識から離れ、自分自身で考えることを始めてもらい
  たい」

 とコメントした。

 このほか、ケンブリッジ大の問題には

 「警察に見抜かれないよう他人に毒を盛るとすればどうするか」

 といった意地悪に見えるものや

 「政治家に代わり、大手家具店イケアの店長に国家運営を
  任せないのはなぜか」

 という現実的な質問もある。 (省略)
------------------------------------------------------------
 この記事を読んでも意識の高い皆さんでしたら、「さすがイギリ
 スの名門!」なんて思う人はもうあまりいないんじゃないでしょ
 うか?

 日本でも昔に比べたら、知識だけを問う傾向の問題は年々減って
 います。

 だから、こういう問題を見ても、

 「最近はそうなってきているのよ!」なんてね(^ε^)-☆

 実際、日本の小中学校では、平成14年度ですから今から6年ほど
 前から「総合的な学習の時間」というのが始まりました。

 「総合的な学習の時間」は、文部科学省によれば、
------------------------------------------------------------
 これまでとかく画一的といわれる学校の授業を変えて、

 ◆地域や学校、子どもたちの実態に応じ、学校が創意工夫を生か
  して特色ある教育活動が行える時間
 
 ◆国際理解、情報、環境、福祉・健康など従来の教科をまたがる
  ような課題に関する学習を行える時間
------------------------------------------------------------
 として新しく設けられたものです。

 また、この「総合的な学習の時間」では、
------------------------------------------------------------
子どもたちが各教科等の学習で得た個々の知識を結び付け、総合
 的に働かせることができるようにすること
------------------------------------------------------------
 を目指し、
------------------------------------------------------------
 知識を教え込む授業ではなく、 自ら課題を設けて行う学習や将来
 の生き方を考える学習が積極的に行われ、

 ◆自ら学び、自ら考える力の育成
 ◆学び方や調べ方を身に付けること
------------------------------------------------------------
 まさにイギリスの名門大学の入試問題なんか軽く答えちゃう感じの
 教育が日本では6年も前から始まっていたんです!!

 グレーート!!...(◎_◎)

 オックスフォード大学の
------------------------------------------------------------
 われわれは受験生に大量の知識から離れ、自分自身で考えることを
 始めてもらいたい
------------------------------------------------------------
 このコメントなんて日本の子供たちにからすれば、

 「なにを今さら!フン!ウエルカム!」

 ってなもんでしょう。

 なんといっても我が日本は「総合的な学習」をやってるんですから!
 
 し、し、しかーし、

 平成23年度から実施される新しい学習指導要領ではこのグレート
 な「総合的な学習の時間」が削減され、代わりに教科の時間が増え
 ることになっているようです。

 なんでや!?

 グレートな「総合的な学習の時間」はなぜ削減なのか?

 文部科学省は言います(難しいから読んでもわからないかも)。
------------------------------------------------------------  
 「生きる力」をはぐくむために、総合的な学習の時間で行われてい
 る体験的な学習や課題解決的な学習はますます重要です。

 これらの学習のためには、各教科で知識・技能を活用する学習活動
 を充実することが必要であることから、総合的な学習の時間の時数
 を縮減し、国語や理数等の時数を増加します。

 これにより、各教科での学習を踏まえ、総合的な学習の時間におけ
 る教科等を横断した課題解決的な学習や探究活動の質的な充実が図
 られます。
------------------------------------------------------------  
 わかりました?

管理人について

「中学受験・高校受験の親技」主宰のストロング宮迫&タイガー山中がこのサイトを管理しております。プロフィールの詳細は、「中学受験の親技」をご覧になるか、無料メールマガジン「成績がイイ子の親だけが知っている! 新「勉強の常識」 を発行していますので、そちらをご購読ください。

当サイトの内容については、管理人であるストロング宮迫が責任を負っていますので、ご意見、ご要望がる場合には、管理人ストロング宮迫(study★oyawaza.com)までお寄せください。 ※★は@に置き換えください

Copyright © 2007-2010 お受験の星 応援団 All rights reserved