どうして本を読まないの!?

 2007/11/15  新「勉強の常識」 No.379         
_______________________________
 ★ 「ストロングのひとりごと」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 "新「勉強の常識」" No.379号を配信させていただきます。

 こんにちは、ストロング宮迫です。 

 さて、先日初めての古本屋さんに行きましたら、オイオイ漫画ば
 っかりやないか・・・・

 もはや古本といえば漫画って時代なんでしょうか?

 まあ、それでもどんな漫画があるのかざーーっと見て回りますと
 ストロングも知っている懐かしい漫画もたくさんありました。

 ストロングは、我が子に読ますべくいくつかの漫画を家に常備し
 ておりましたが、忘れかけていた漫画もずいぶん思い出しました。

 → ストロングが常備している漫画

 しかし、ストロングの奥さんは、この事態を非常に憂慮しています。

 漫画ではなくて、もっとイイ本がたくさんあるから読みなさい!と。

 ちなみにストロングの奥さんのオススメは、「レ・ミゼラブル」と
 か「坊ちゃん」なんだそうで、奥さん曰く、

 「私は小学生の頃にはもう読んでたわよ。いろいろと学べておもし
  ろいんだから! 本は読まなきゃ、ダメ!」

 なんて叫んでいます。

 しかし、子供は読みません!!

 それはきっと嫁が「坊ちゃん」のなにがおもしろいのか、「レ・ミ
 ゼラブル」のなにがすごいのかを語っていないからでしょうねえ。

 今の子供の目の前にある、また抱えている問題に対するテーマに即
 して話してやらないと、よほど好きでない限り読むわけがない。

 それをせずにして、ただ読め読め! あなたのタメになる!って言
 ってる。

 自分のためになるかどうかなんて、子供に判断できませんからね。

 えっ、ストロングが言えばいいじゃないかって!?

 いやあ、ストロングは、例えば、不朽の名作「坊ちゃん」のなにが
 おもしろいのか、全然わからないんです(≧◇≦)

 なので、それについては全然語れないわけです・・・

 決して作品が悪いわけではなく、ストロングが感じ取れないだけな
 んですが・・・

 その代わりと言っちゃあなんですが、ストロングは、不朽の名作で
 はなく、漫画について、いかにこの漫画がおもしろく、そしてなに
 がすごいのかについて薀蓄は子供たちに語ります。

 よって、ストロングの子供たちは、不朽の名作よりは漫画のほうに
 大いに傾いているようです(^ε^)-☆


 親が家庭で本を読んでいれば、子供は自然と本を読むようになる。  家庭に本がたくさんあれば、子供は自然と本を読むようになる。

 なんてよく書いてありますが、本当でしょうか??
 
 ストロングの家庭では、全然そんなことないですなあ。

 結局、なにかのキッカケで本を読んでおもしろいと感じたから、読
 むんじゃないでしょうか?

 学年が上がってくると、悩んだりしたときに、その答えを探すため
 に、必要性を感じて読む場合もあるでしょう。

 いくら家に本があったからといって、家に文学全集を揃えたからと
 いって、みんなが皆読むものではないでしょう。

 おもしろいから読むんであって、タメになるからって読んでたんじ
 ゃあおもしろくないですもの。

 これについて話すと長くなるので、最後に不朽の名作「レ・ミゼラ
 ブル」のアマゾンでの書評をご覧ください。

 一番最初にあるものを紹介します。

 → レ・ミゼラブル (岩波少年文庫) 



 Byしんすけさん

 150年もの間この作品が人々の心を捉えつづけたのは、次々と苦
 難に見舞われた主人公のひたむきな生きる姿勢ではないでしょうか。

 人間は大きな苦難や困難に見舞われたとき、折れやすく屈しやすい。

 もちろんこの主人公も最初はそれらに負け、19年もの監獄生活を送
 ることになります。しかし彼は出会ったのです。彼の濁った魂を浄
 化してくれる人物に、そしてその浄化された魂で守っていくべき一
 人の少女に。

 彼のまわりに起きる事はどれもドラマチックで印象的なことばかり
 で、読者をぐいぐい引き込みます。語り口も鮮やかで目の前に光景
 が広がるようです。

 野原に立ちつくす主人公が悪から善への回帰を果たす場面は、今で
 も私の心に焼きついて離れません。また収載されている原著挿絵も
 非常に魅力的です。


 ストロングはこの書評と同じような印象を持った漫画を知っています。

 → 男組 (小学館文庫) 


 Byストロング

 最近ではあまり読まれていないようですが、この作品が若者の心を
 捉え続けたのは、父親に対する相克を描いているからではないでし
 ょうか。

 父親殺しの汚名を着せられながら、また数々の困難に出会いながら
 彼は出会ったのです、かけがえのない仲間に。そして、知ったので
 す、守るべきものが何なのかを。

 彼のまわりに起きる事はどれもドラマチックで印象的なことばかり
 で、読者をぐいぐい引き込みます。

 特に印象深く、今でもよく覚えているのは、主人公の亡くなった、
 いや殺された父親の日記の最後に書かれていた言葉です。

 どんなに絶望が巨大でも、それを圧倒する希望をうちたてる意志の
 力、私はその力を維持し続けたことを誇りに思う・・・・

 野原に立ちつくす善の主人公と悪の敵対者は敵対しながらも、最後
 の最後で交わり、そして1つになったのです。池上遼一の作画もま
 たこの上なく魅力的です。

 この物語は父と息子の物語である。押忍!



 ストロングは、この漫画の登場人物のうち、もっとも心を揺さぶら
 れた人物から次男坊の名前をつけました。

 漫画の名前をつけるなんて・・・よくそう言われました。

 しかし、ストロングが心を震わせたのは、「レ・ミゼラブル」では
 なく、「男組」だったのです。

 本もイイけど、漫画もイイですぜ! そうストロングは思っています。

 どう受け止めるか、どう考えるか。

 同じ素材を与えられても、受け手によってまったく違ったものに変
 換することができます!

 また、逆に違う素材を与えられても、受け手によって同じものに
 変換することができます!

 ちなみに今回、初めての古本屋で見つけて子供たちに全巻プレゼ
 ントしたのはこの漫画です

管理人について

「中学受験・高校受験の親技」主宰のストロング宮迫&タイガー山中がこのサイトを管理しております。プロフィールの詳細は、「中学受験の親技」をご覧になるか、無料メールマガジン「成績がイイ子の親だけが知っている! 新「勉強の常識」 を発行していますので、そちらをご購読ください。

当サイトの内容については、管理人であるストロング宮迫が責任を負っていますので、ご意見、ご要望がる場合には、管理人ストロング宮迫(study★oyawaza.com)までお寄せください。 ※★は@に置き換えください

Copyright © 2007-2010 お受験の星 応援団 All rights reserved