我が子にどうあってほしいか?

論語.gif


単行本なら古本で400円から
「人生は論語に窮まる」谷沢永一&渡部昇一 PHP研究所


文庫なら1円から買えるようです!!
人生は論語に窮まる (PHP文庫) (文庫)


 連日、テレビや新聞で報道されている亀田問題。

 亀田選手の謝罪会見については、子供たちでさえ話のネタにしてい
 るくらいですから、すごい広がり方ですね。

 さて、ことの是非は皆さん自身の判断にお任せするとして、今回の
 報道を見て、ストロンが思い出して、改めて読み直した本があります。

 その本が上記に記した

 谷沢永一&渡部昇一著「人生は論語に窮まる」 PHP研究所
 
 です。

 改めて読み直したこの本の中に、こんな一節があります。

 単行本177ページ 書き下し文
----------------------------------------------
 葉公(しょうこう)、孔子に語りていわく、わが党に直躬(ちょくきゅう)なる者有り。
 その父、羊をぬすむ。 しこうして、子、これを証せり。

 孔子いわく、わが党の直(なお)き者はこれに異なり。父は子のために隠し、子は 
 父のために隠す。直  きことその中にあり。

 訳文
----------------------------------------------
 葉公が孔子に話した。私の領内に正直で名を取った者があって、その父が羊を盗
 んだ時に、子供がそ の事実を証言した。

 孔子曰く、私の町内の正直者はそれとはまったく違います。子に悪い点があれば 
 父がかくしてやり、父に悪い点があれば子がかくしてやります。

 それが自然の性質に正直に従った行為というべきではありませんか。
----------------------------------------------
 書き下し文、訳文とも【宮崎市定「論語の新研究」】による


 「人生は論語に窮まる」谷沢永一&渡部昇一著 179ページから

 「正義の味方嘘八百」という著書もある谷沢氏は、
-----------------------------------------------------------
 私なりに付け加えて申しますと、この中で最後に孔子がいってい
 る言葉

 「直きことその中にあり」

 が大きな意味を持っていると思います。

 つまり、「正しきことその中にあり」とはいっていないことが重
 大なのです。

 百人の人間が「正しきこと」を言い出したら、百五十通りの正し
 い理論が誕生するでしょう。何が正しいかを言い出したら、きり
 がないのです。

 また、「何が正しいか」という判断に照らして、他の人間をずば
 ずばと切っていくことができるから、「正しいか」「正しくない
 か」という議論は、猛烈な攻撃衝動を引き起こします。

 「正しいこと」というのは、いわば闘争の論理なのです。

 (省略)

 「正義の論理」というのは非常に危険なものであり、人を闘争に
 駆り立て、修羅の巷にする論理構造ではないかと、私は考えます。

 「正義」を重んじて、親子が両方で告発しあうことのほうが正し
 いことだといったら、すべての人間関係は崩壊してしまうでしょ
 う。

 この正義の論理とは逆に、この世を潤滑に回転させていくのは孔
 子のいう「直なること」です。「直きなること」-「何が人情の
 自然であるか」といったら、そこに議論の余地がありません。

 親子という関係でいえば、子にとって父や母が自分をこの世に出
 してくれた存在だという厳然たる事実は、絶対に否定できない。

 その関係というものを、すべての人間関係の根本に置くことを孔
 子は求めていた。

 親子にとって直なること、夫婦にとって直なることが人倫の根本
 であり、倫理学の根本理念ではないでしょうか。

 表現を変えていいますと、「正義」の論理は直進的に進み、「直」
 の論理はあるがままに受け取るということもできます。両者の違
 いは、前に進むか、そっくりその通りに受け取るかということが
 できます。
-----------------------------------------------------------

 谷沢氏の発言を受けて、もう一人の著者渡部氏が引きつぎます。

-----------------------------------------------------------
 いま、「正」と「直」を区別されましたが、これは非常に重要な
 点だと私は思います。

 「正」ではなく、「直」を求めるというのが孔子の奥深いところ
 ですね。

 「正」を英語で訳せば、「ライト(right)」になるでしょう。

 ここでは「正しい」という意味ですが、あるいは「rightness」
 (独善)といってもいいかもしれない。「正しい」というのは、
 「権利」という意味もあり、なにかしらの主張を含むからです。

 一方、「直」を英語に訳すのにどの言葉が適当かと考えてみると、
 谷沢さんが言われるように「ナチュラル(natural)」があてはまる
 のではないかと思います。

 これは「人工的でないこと、自然のこと」という意味です。
 (省略)
-----------------------------------------------------------
 まだ続きますが、これくらいにしておきます。

 今回読み直して驚いたのは、

 「rightness」には「独善」といってもいいかもしれない!
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 の部分。

 「rightness」には「独善」いう意味もあるんでしょうか?

 それとも「正義」を追求した結果、「独善」になるのか??

 書いているのが英語学がご専門の渡部氏なので、間違いはな
 いと思います。

 ただストロングが辞書を引いた限りでは「独善」という訳語は
 見つけられませんでした。

 余計なことはそれくらいにして、ぜひ考えてみてください。

 あなたは「正」でいきますか? それとも「直」でいきますか?

 ストロング宮迫 中学受験・高校受験の親技

管理人について

「中学受験・高校受験の親技」主宰のストロング宮迫&タイガー山中がこのサイトを管理しております。プロフィールの詳細は、「中学受験の親技」をご覧になるか、無料メールマガジン「成績がイイ子の親だけが知っている! 新「勉強の常識」 を発行していますので、そちらをご購読ください。

当サイトの内容については、管理人であるストロング宮迫が責任を負っていますので、ご意見、ご要望がる場合には、管理人ストロング宮迫(study★oyawaza.com)までお寄せください。 ※★は@に置き換えください

Copyright © 2007-2010 お受験の星 応援団 All rights reserved