第6問「なぜ塾のプリントって大量なの?」

2007年7/27号、ビッグコミックスペリオール「お受験の星」第6話のテーマは「なぜ塾のプリントって大量なの?」

遅れて中学受験に参戦した勇太が春休みに突入。「迷える子羊塾」の塾長は、算数、国語、理科、社会の4科のうち、「もっとも付け焼刃で対応できない算数を克服します!」と宣言し、春休みのターゲットを算数の文章題に絞ります。

塾で大量に出されるプリントがある一方で、かなり絞った内容を勇太に課す「迷える子羊塾」。どうしてそういう対極の事象が起きるのか? なぜなんだ!?・・・・・という感じで話は進んでいきます。

話の展開はコミックを見ていただくとして、ストロングはどちらかと大量のプリントを配るタイプで、タイガー山中は1枚!しか配らないタイプです。ストロングが授業終了後、夜な夜なプリント作りに精を出していると、タイガー山中は涼しい顔で「どうもーーーー!お疲れ!ハイ、ご飯食べに行くよーーー!」とやってきます。

「あなたねえ、どうもーー!!って、まだプリント作りが終わってないのよ。」とストロングが言いますと、たいてい「それ作ったら成績上げられるの?」とタイガー山中は聞いてきたものです。

今考えると、理系のタイガー山中は、

原理や理屈をとても大事にしていたように思います。

カンタンにいえば、「原理さえわかっていさえすれば応用が利く」という感じでしょうか。一方の文系ストロングは、原理も大切だが、それを使えるようになるためにするための訓練としてプリントを作っていたのかもしれません。

文系、理系の違いがあるにせよ、ここの考え方は生きてきた人生や考え方によって微妙に違いが出るところなのかもしれませんね。

タイガー山中が考える、「原理さえわかっていさえすれば応用が利く」という考えは非常に良くわかるのですが、原理を理解することで終わってしまうことを非常に不安に思ったことも確かでした。でも、それは原理や理屈を本当に理解していないからだといわれれば、まさにその通りでもあると思うのです。

中学受験の塾での授業は、「この原理や理屈について教える授業」が一般的です。すなわち例題を通じて単元の原理や理屈を教わるわけですね。そして、家に帰って、習ってきた原理や理屈を使って練習問題を解いてみる。授業がわかっていれば、一定レベルの問題は解けるはず・・・・

でも、これが解けないんですよね。授業は本当に良く聞いてきたし、ノートも取った。でも、それがうまく使えないんですよ、これが。

この場合、理屈だけを知っても問題は解けないと結論付ける人もいれば、原理や理屈の理解が十分ではないから問題が解けないんだと考える人もいるでしょう。人それぞれですね。ストロングとタイガーみたいに文系理系で分かれる場合もあるでしょうが、お父さんとお母さんでこれについての見解が分かれる場合もあることでしょう。

ただ道は一本道ではないというのが今のストロングの見解です。

1、原理と理屈がわかる→問題が解ける
2、問題が解ける→原理と理屈がわかる

いずれの道であってもいいと。基本は1番です。でも、単元や問題によっては、どうしても理屈や原理がうまく身体になじまないなら、2番からの道もある。時間に限りのある中学受験ですから、臨機応変にやっていけばいい、そう考えています。

ストロングの場合、問題は解けるんだけれど、理屈や原理が社会人になって理解できたものだってあります。それは世間的には、頭が悪いということなんでしょうが、あの頃身体になじまなかった原理や理屈が10年も経てわかったときの快感というのは、何物にも変えがたいものになっています。この快感があれば、テストがなくても、受験がなくても、「知りたい」と思えるんじゃないか・・・・自分のことなので、そう好意的に解釈しています。

年を取るほど、いろんなことがわかってきて、一方でわかることによって疑問が増える。この矛盾した営みをストロングはこれからも続けていくんだと思います。

理屈や原理がわかっている感覚の人間に出会うと、非常に劣等感を感じるわけですが、オレはオレ!子供たちにどう思ってもらえたら、我が子にそう思ってもらえたら、ストロングの伝えることの大半は終わるのではないかとも思えます。

ストロング宮迫 中学受験・高校受験の親技

Copyright © 2007-2010 お受験の星 応援団 All rights reserved